【仕事】「働く」ということに求めるものとは

仕事

皆さんは「働く」ことに何を求めていますか?

10年弱仕事をしてきて、最近転職活動を開始しました。

転職活動を進めるにあたり自分を見つめ直す機会があり、その時感じた「働く」ことに求めることが就職活動時とは変わってきていることに気づきました。

私は「働く」ということの大前提は家族を養っていくための「収入」と考えています。

しかしそれだけが100%ではなく、「世の中への貢献」「自分自身が成長する」こともとても重要な要素と考えています。

・私が「働く」に求めること

  1. 収入
  2. 会社・社会への貢献
  3. 自分の成長

 



1.収入

これは誰もが「働く」ことに対する報酬として一番に考えることと思います。

自分も家族を養い、豊かな生活をさせるためにより多い収入を得たいと考えています。

収入に関して昔大学の先生から言われた言葉でとても深いと感じた言葉があります。

「お金はないと幸せになれないが、多いから幸せになるとは限らない」

自分は理系大学院生だったため就活中でどこの企業に就職しようかとセミナーに行きまくっていた時に聞いた言葉です。

理系がよく就職する製造業は一般的にはそんなに給料は多くありません。

そのため商社やSIerなど他業界を考えていた時聞いた言葉です。

「お金がない」

ほしいものが買えなかったり、遊びにかけれるお金が制限されるかもしれません。確かにそれは幸せになることは難しいかもしれません。(もちろん絶対に幸せになれないとは思っていません!)

「お金が多い」

お金が多いといろいろなことにかけれるお金も増えて幸せになれるのではないか。

この先生の言葉を聞いてお金が多くても

  1. 家族に恵まれない
  2. 友人に恵まれない
  3. 仕事に恵まれない 

となった場合、いくら給料が多くても幸せとは言えないと考えました。

最低限以上の給料をもらいつつ、プライベートを充実させることが幸せへの道とその言葉を聞いたときに感じたことです。

その言葉を聞いた自分は、給料よりも仕事としてのやりがい・ワークライフバランスを重視して就職先を検討するようにしました。

今一度自分なりの「幸せ」の定義を見直すことは生活を豊かにできると思っています。

2.会社・社会への貢献

仕事のアウトプットは第一は会社への利益です。

自分が働いたことで「担当している商品が売れる」「製品の開発が進む」などの成果が出て、最終的に会社は利益を得ることができます。

この会社に利益を上げさせることは「働く」ことの成果です。またこの発生した利益により各社員のボーナスが増えたり、昇給・昇格したりと自分への報酬にも影響します。

この成果を「働く」ことのやりがいとしてしている方も多いと思います。

また目線をより上位に向けると、社会への貢献も成果の一つと考えます。

実際自分が担当していた製品はまだ世の中になかったため、世の中に出ることで下請の会社やその地域に新しい雇用や収益が発生すると考えました。また製品がでることで一般人の生活を豊かにすることもできます。

このように「働く」ことの成果には「社会への貢献」があります。

このように考えると各担当が実施している業務は少ないかもしれませんが、その業務がもたらす影響はすごく多くの人にわたることが実感できるのではと思います。

3.自分の成長

最後に「働く」ことに求めることとして自分の成長があると考えています。

「働く」ことで会社に利益をもたらし収入を得るだけでなく、働くことで自分のスキルを向上させ、社会人として(自分の場合)エンジニアとして成長することができます。

そのため現在働いている方や就職活動中の方は会社の教育制度などにも着眼してみてはいかがでしょうか。

また昔の考え方である生涯雇用という考え方が変わりつつある現在、各個人がスキルと身に付けることは将来の豊かさにつながっていくと感じています。

まとめ

自分が「働く」ことに求めることを見直すことで働き方や、場合よっては転職を検討するなど今後に活かせると考えています。

実際に自分は学生自体の就職活動中は「会社・社会への貢献」を一番に考え、「エンジニアとして世の中に貢献するんだ」という思いで就職しました。

しかし数年働き、今までの仕事について見直したときに、「自分の成長」について十分に得ることができなかったと感じました。

その結果現在は「自分の成長」に重きを置き業務を行っており、また転職活動を通じて「自分の成長」につながる企業をメインで探しています。

この「働く」ことに求めることを考え直したことで今後の将来について見つめなおすことができました。

みなさんも一度自分が「働く」ことに求めることを見つめなおしてみてはいかがでしょうか? なにか発見できることや活かせることがあるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました